2018年2月2日金曜日

e-Education推進部会 FD研究会(2月13日)開催

開催日時 平成30年2月13日 13:00~14:20  
開催場所 名古屋工業大学 23号館3階2331講義室
テーマ 「わかったつもり」を「わかった」へ ー主体的学びの場の構築ー
※入場無料
プログラム
13:00 開会
13:00-13:15 e-Education推進部会の活動報告
 英語の取り組み:石川有香教授
 物理の取り組み:高橋聡教授
 数学の取り組み:林倫寛准教授・平澤美可三教授・松添博教授
13:15-14:00 アクティブラーニング型反転授業
「わかったつもり」を「わかった」へ(関西大学 教育推進部 教授 森 朋子氏)
14:00-14:20 質疑応答
14:20 閉会
関西大学 教育推進部 森 朋子氏
ケルン大学哲学部Magister修了後、大阪大学言語文化研究科前期・後期課程修了。博士(言語文化学)。島根大学教育開発センター准教授を経て現職。専門は学習研究。『アクティブラーニング型反転授業』(ナカニシヤ出版)などがある。
講演内容学生の理解を格段に伸ばすといわれる反転授業は、対面でのアクティブラーニングの導入により支えられているといわれている。さらに、反転授業での事前学習からアクティブラーニングへの学習のプロセスは認知学習論における理論にもかなっている。研究会では、反転授業の効果を認知学習論的に説明し、そのコツについて報告する。

0 件のコメント:

コメントを投稿